悩んだときはシュタイナー

5月3日
今日の星読みです。

前回のブログでお伝えした
月のサインインでの星読みのタイミングを
お知らせします。

5月は
3日 水瓶座
5日 魚座
7日 牡羊座
10日 牡牛座
12日 双子座
15日 蟹座
17日 獅子座
20日 乙女座
22日 天秤座
24日 蠍座
26日 射手座
28日 山羊座 
30日 水瓶座

今日の月は水瓶座で
天王星と葛藤し
火星とは工夫が必要な組み合わせ。

自分のこだわりに囲まれて
力を発揮していたいけど
クールにかわすことも覚える配置です。

ホットとクールのバランスは
大人になるにつれて難しくなります。

子どもの頃は
簡単に消化できていたことでも
たくさんの経験と知識が邪魔して
手放すことができないからでしょう。

今日はなぜかその魅力に惹かれた
シュタイナーについて書きます。

先日
シュタイナーの講座を受けました。

繋がるシュタイナー講座
悪と共に生きる真の善ー人類進化の鍵


 
講師は
シュタイナーの研究をされて30年以上
シュタイナー研究家
シュタイナー教育指導者
志賀くにみつ先生です。

悪は自分の中にあるということを
認めることができれば
受け入れられたら
自我の成長があるということ。

生きづらい
悩みがあるのは
自分が成長するためのハードル。

あえてハードルを作って
この世に生まれてきたのだろう。

人間関係で悩みが多いのは
そのハードルを乗り越えることで
成長をするために
その悩みを選んでいき生まれてきたのかな。

自分の中には
二人の悪がいる。

アーリマンとルシファー

アーリマンは
物質がすべてで人間を唯物化させる。
人間を機械的に教え込んだり
ITに強いがコピー人間で
冷たくクールな優れたサル
劣等感を味わう

一方で
ルシファーは
感情を極端にして
人間を非物質的にする。
この世を否定し
熱い
優等感
思い上がりが強くなるとガツンと頭を打たれ落ち込む

冷たさと
感情過多はどちらも必要なこと

精神的豊かさを身につけるために
自由や友愛を学び
地に足をつけて
真の善を生きる。

自分の相手を敵とみなさないことが大事

たとえ自分の方針ではないことがあっても
芯があれば妥協もただの妥協ではなくなる。

アーリマンとルシファーの
バランスを学ぶことで
より良い自我を発展させることができる。

感想・・・

問題があるとき
その悩みが自分にとって
なんの修行なんだろーって考えてたら
どうしてこんなにもタイミングよく
わたしが知りたいことが
現れるんでしょうか

やはりこれは
乗り越えていくことだから
問題として現れたんだってことですね〜
まさに
悪魔に魂を売っても
それを続けるか
そんなの嫌だから手放すのか・・・
ちがうちがう
そんな両極端ではなくて

アーリマンさんとルシファーさんの
バランスをうまくとっていく
わたしを創ること。
悪魔に魂を売っても
自分の芯がしっかりあれば
それでいいっていうのが
どうしてもできなくて

現実と心の芯が同じでなければ
納得できないから。

また少し
自我に近づけたかな(^^)