シンプルにあたって今日を全うする。

3月26日
今日の星読みです。

今日は業務連絡のとおり
星読み自体は短いですー。

今日の月は獅子座の最後で
もうすぐ乙女座に変わります。

最後の獅子座でやり残したことがないように
恐れずにチャレンジしましょう。

月はアスペクトがなくて
ポツリとしています。

太陽は金星と仲良く一緒にかさなり続け
楽しい人生を作っていきたいね、って示しています。

土星は火星と調和する一方
天王星とは葛藤しています。

進んだり引いたり繰り返して
ひとつひとつの物事を確かめながら
それでも少しづつ進んでいるところですね。

太陽も月も火のサインで
直感はすぐれています。

深く考える時期ではないので
こころのままに動くほうがいいでしょう。

そのこころも
深い闇を見つめるこころではなくて
あくまでも軽く。

なにも考えず
とりあえず今日をていねいに過ごし
明日を目標にしてみると
大それた夢や希望を叶えなければならないストレスもなく
楽しめるでしょう。

難しいことは考えず
今日を生きて
明日を迎える
そういうシンプルな生き方で
楽しみや喜びを味わうことができればいいですね。

動画には流してませんが
追加します。

サタリタが意味することが出てきました。

ネイタル8ハウス土星にとトランジット冥王星がコンジャンクション。

日々こころや身体がままならない方に接していると
どこまで共感できているだろうかと思います。

きっと全くできていません。

だって
その人にはなれないから
その人の本当の苦痛はわかるわけないのです。

お話を聞いて
わかります
そうですよね、なんて
いったらだめですね。

つくづく思いました。

自分が身体が動かなくなって
どれくらい不自由なのか
どれくらい悲しくて悔しいか
なってないのにわかるわけないんです。

そのかたの心に寄り添っていると思っているのは
傲慢です。

苦しいです。

ままならない
解決できない苦しみを抱えている人に向き合うことは
苦しいです。

ドアの外で
構えている自分がいます。

今日のわたしは
この人の心の苦しみをわかってあげられるだろうか・・・
と心配しながらドアを開ける。

いえ、そうではなく
本当は逆なのです。

そうではなく
その人が
わたしのことを
この人は自分の苦しみをわかってくれたんだって
思ってくれるかということが一番大事なんです。

わたしから見た思いではなく
その人から見た思い。

わたしがするべきことは
その人の苦しみを理解することではなく
その人が
わたしのことを
この目の前にいるこの人は
自分の苦しみをわかってくれたんだって
思ってくれること。

そのために
話を聴く
沈黙を怖がらず
話を聴く

思いを反復する
その人から出た言葉を反復して
自らの思いを
一緒に確認する。

難しいです。

病院で長く働いていたころよりも
解決できない苦しみを抱えたまま
終の住処に暮らす方々に接している今
長く経験してきたはずなのに
まったく経験や知識が役立ってないと感じます。

無力です。

でもわたしは決めました。

恐れずにかかわり続けます。

この人は
自分の苦しみを
わかってくれる人なんだと
その人が思ってくれるようになるまで

重くなりすぎず
怖がらず
おびえず
ひるまず
明日もドアをノックします。