弱い自分をみとめ変容する。

1月17日
今日の星読みです。

今日の魚座の月は
海王星とかさなって
金星と調和する組み合わせ。

相手を思いやって
やさしくできる日です。

ひとは弱いものですね。

自分は大丈夫と思っていても
局面に向きあったとき
自分の弱さや
向き合いたくない苦手なことがわかります。

広い周囲の関係性では
情を入れずに過ごせても
ふかい関係性になると
その困難に向き合うことができません。

その典型が家族ですね。

他人には
テレビドラマのワンシーンのように
それこそ他人事で
一般論をいえば時が流れる。

職場の時計が壊れても
そんなに動揺はしないのに
自分のたいせつな時計が壊れたら
もう二度と同じものはないのだと思うと
辛くなります。

時を刻まない
壊れた時計を
役目を果たさないとわかっていても
以前とおなじような愛情で
腕にそっとかけることができれば
辛くはないけど。

時間を確かめる度に
動いていない時計を見るのは
ため息と
むなしさと
どうしてもっと大切にしなかったんだろうと
後悔ばかり。

ひとにも同じことが言えるのかもしれません。

今、自分の近くにいる
心を通わすべきひとへ
今日はやさしくできるといいですね。

天王星と火星がかさなり
変革をせまられるのは
自分の価値観で

そのふたつ星の
木星と土星との葛藤は
社会に役立つ自分になること以上に
まずは自分の身近なひとの
くるしみや困難を理解できる自分になることに
変容することを教えてくれています。

価値観を変えるのは
たやすいことではないけれど
自分の生きづらさを変えたいのなら
去年までの考え方では
これからは通用しないかもしれません。

魚座の月と海王星で
目に見えなくても
場所や時間を超えて
つながっているだれかとの関係性を
大切にできたらいいですね。