プログレスの検証

今日の月は天秤座です。

天秤座はナチュラルハウスでいうなら

7ハウスに相当します。

7ハウスがチャートを飾るわたしです。

今日はそれにちなみ

プログレスの太陽と月で

わたしのチャートの

象徴を読み解いてみたいと思います。

プログレスは体内時計とも言われ

生まれた時の天体が

今の実年齢まで成長した天体年齢です。

プログレスの太陽は

9ハウスで

未知の世界に飛び込む

アドベンチャーな行動を好みます。

知らないことを知ってみたい

とくに精神世界の哲学的な視点で。

例えば

生きるってなんだろう、とか

学校で学ぶ学問よりは

高尚な知識を得たいと思うようになります。

そして9ハウスは

射手座の位置でもあり

支配性は木星です。

小さいことは考えず

なるようになると

開き直ることもできます。

その9ハウスに滞在する

プログレスの太陽が

MCという

社会的な地位を示す場所と

オーブ2度でかさなります。

それはどういうことかというと

今まで経験したこともない

未知の分野で

果敢に飛び込んでいくことが

社会的な肩書きともなるということです。

MCは魚座なので

目に見えないことや

医療に関わること

カウンセリングや

ヒーリングなどの癒し

また

ダブルボディーとも言われ

複数の職種で活動することも考えられます。

この

MCに重なるプログレスに太陽は

ネイタル(出生図)の冥王星と

向かい合っています。

これは

わたしの意志や人生目的が

根底から引き上げられることを示します。

それをするために生まれてきたという

強い大きな力がはたらき

根底からパワーを出して

そこに向かって突き進め、と

魂が叫ぶわたしの意志を示します。

魂と人格の隔たりがなくなれば

人は葛藤が少なく生きられるでしょう。

生きにくいと感じるのは

今を生きるわたしと

魂からの宿題が

マッチしていないからです。

こうして

プログレスを読むということは

自分の使命に向かっていく過程を

再確認できるツールになります。

そしてもう1つ

プログレス月は

1月末にとうとう7ハウスに突入。

今年に入り

あちらからも

こちらからも

声がかかり

未知の分野に向かい

扉が開いていって

超忙しいという日々を過ごしています。

非常勤の仕事スタイルを

あえて選んでいるのにも

意味があったのだと

思うこの頃です。

1から6ハウスの

個人を育て

他者とわたしの関係を育て

人生における

あらゆる修行の場を踏んで

いま社会デビューしました。

ここから2年半ずつの

サインの変化を体験し

MCに行くまで

この社会で

どれだけの闇と光をくぐり抜け

自分の意志を貫き

人生を作っていけるのかです。

人生はアドベンチャー

自分の人生は自分で作っていく。

そのヒントに星読みは

力強くわたしを応援しています。