上弦の月で新しいわたしに生まれ変わる。

今日の魚座の月は上弦の月で

昨日は木星が山羊座にお引越しした

大きな変化の時でした。

上弦の月という響きは

神秘的で

どことなく官能的です。

新月から満月の月の満ち欠けは

約29.5日のプロセスを経て

お空の月が

毎日少しづつ形が変わっていくのは

みなさんもご存知のとおりですね。

その形を月相と言うのですが

大きく分けて8つの段階が

1つのサイクルになっています。

(勉強した頃の手書きの図ですみません。)

あなたが生まれたその瞬間も

どこかのサイクルの

月の形が昇っていたのです。

月は無意識を扱います。

月相を知ることで

生まれた瞬間の月の形が

本質や人生に影響があるとなれば

それを知ることで生き方のヒントになります

上弦の月は

月齢7歳~10歳で

正午頃に出て夜中に沈みます。

見た目は左半分が欠けていて

魚座の月と射手座太陽は

90度のハードな絡みです。

ご自分の出生図の月相が

上弦の月のあなたは

葛藤やストレスがあっても

それをバネにして

突き進んでいく頼もしいタイプです。

そのぶん

思い通りにできない時は

落ち込みが激しかったり

気分に凹凸もあるでしょう。

でも

持ち前の不屈の精神で

どんな状況でも

何があっても大丈夫と

困難を克服していけます。

上弦の月の響きとは

かなり違う印象ですね。

上弦の月のことばの響きから

神秘さを感じとり

その背後にある

力強さもさらに受け取れたなら

射手座の木星期の

シュタイナー思想なのです。

シュタイナーは

言語から受け取れる

芸術を教えてくれました。

占星術とシュタイナーは

つながっている古代からのメッセージが

射手座の木星からの発展をとおし

次の山羊座につなげることができます。

あなたも

木星が射手座のこの1年

振り返ってみましょう。

好奇心が高まることや

未知の世界へ

冒険したいとか

新しいチャレンジをしたい

専門定知識を得たいなど

哲学的な思いを持ちやすかったり

大きく広がりませんでしたか?

木星の公転周期は12年で

ホロスコープ上を12年かけて

一周するので

1つの星座に約1年滞在します。

昨日まで

幸運と発展の星と言われる木星は

射手座にありました。

木星はその星座の性質を

拡大し世間のムードや流行を

作る社会天体です。

そして

昨日からこの木星は

山羊座に入りました。

とことん広かった自分の夢や方向性を

地上に下ろして

そこから社会をも意識して

幸運と発展をうけとることが重要になります。

自分のことだけではない

世の中や周囲のために

奉仕する精神も必要です。

幸運と発展の星の応援を受けて

社会的で現実的な動機づけが

山羊座木星の一年のテーマです。

あなたは

木星が山羊座に入ったと聞いて

どんな感覚を持ちましたか?

今まで手がけてきたさまざまなことに

ちゃんとしなきゃ、とか

広がりすぎた取り組みに

けじめをつけることや

逆に長きにわたる縁を感じるとか。

今日の上弦の月と合わせて

これからの1年

どんなふうに幸運と発展を

現実的にしていくのか

今年もあと1ヶ月を切った年の瀬に

手帳に書き込んでみましょう。

あなたに知恵と勇気で

目の前の目標を

ていねいに達成していけたらいいですね。

LINE@でも受け付けておりますので、
お気軽にメッセージください。

友だち追加