蠍座の新月でこころの闇に意味を見いだす。

今日は蠍座の新月ですね

トランシットでは新月の向かいに牡牛座天王星が関わっています。

新月図は

11ハウスの蠍座の新月は、お向かいの5ハウス牡牛座天王星と向き合っています。

組織や集団での新しい仲間や、新しいことにチャレンジして、広がった価値観になんらかの変革がもたらされます。

他者や集団と関わる中で、自分をというものを再発見し、そこで深く一旦見つめなおしてみるのもいい。

きっと、1人でいる時に比べて、たくさんの考えたかや目にする新しいの中で、

自分が大事にしていきたい方向とズレていたり、自分のこだわりが出てきたりと、まるで月の明かりがなくなった新月のように、心細くなるかもしれません。

仕事や、子育てがある中で、立ち止まって自分を見つめるなんて、なかなかできないですが、現在進行形のままでもいいので、自分の外せないこだわりに目を向けましょう。

そしてそのこだわりは何のために誰のために、なぜ必要なことか考えてみるのもいいですね。

そして、そのこだわりが、もし自分を苦しめることなら、ここで向かい合わせの天王星が関わるこの時期に、手放して見ましょう。

と言っても簡単に手放せませんよね。

7年、あるいは10何年前からの繰り返し起こる執着からの苦しみだったなら、どう手放していいのかわからないでしょう。

この新月は物事の深いところからおこる自分にとって大切なテーマを教えてくれています。

弱い心、子供のような幼稚な考え方、女王さまでないと気が済まない気質、それがいい方に向く時は、自己表現力や自己達成の原動力になるけど

ただ嫉妬心や執着や、腹立ち紛れの感情からだと、今生の魂のレッスンにはなりません。

いつまでも苦しいのは嫌ですね。

来世があると信じるのなら、

ここで不要な執着や闇に埋もれた汚いここころを一掃しませんか?

自分を否定はいては良くないので

わたしの闇に気づいたなら

その闇はどこから

何のために

誰がそれで喜ぶのか、そんなことを考えながら、

いらないのなら

ほんの少しでもいいので

相手をゆるすことをしてみましょう。

蠍座の深いおもいで、自分の人生を作っていくこともできます。

ひとのこころを少しだけ理解して、

気持ちをわかってあげられるのは

あなたが蠍座新月の願い事をするとき

きっと助けになります。

だんだん心の中の闇が浮き彫りになり

遊びも趣味も恋愛も、楽しまなきゃと

牡牛座天王星からのひらめきもありますよ。

わたしが滞在している串本では

台風で壊れた堤防、道路は、破壊と再生。

あれほど生茂っていた海岸線の緑の木々は

波の恐ろしいパワーで枯れ果て

砂浜は海に呑まれて消えていった。

木も花もなくなり丸坊主になった岩礁地帯。

切ないけど丸ごと受け止めて

この土地を愛しんで過ごすしかないのです。