平成最後の日にふりかえり明日からの新しいわたしにエールを送る

こんにちは
大阪・星読みアロマナース ともみです。

 

今日の月は魚座で
海王星とかさなり
双子座火星とは葛藤する組み合わせ。

チャンスに向かってフットワーク軽く
それまでの眠っていたわたしから抜け出し
不安はあるけど変わるしかない時です。

 

双子座火星は射手座木星とお向かいで
理想を追求することで
自分が向上していくチャンスを示しています。

突破口となるのは海王星の
わたしの理想の未来。

 

これまで描いていた自己実現に
どれだけ挫折してきても
冥王星で再生できることを
あなたは知っているのです。

山羊座土星と冥王星は
ともに逆行していますね。

タイムリーなこの日に
過去をふりかえり
新しい年号に向かい
もう一度自己実現を目指してみましょう。

土星は課題と試練の星と言われています。

 

この土星を味方に
現実を生きていかなければ
2020年水瓶座に土星が抜けるころの
新しい時代の流れについていけなくて
苦しくなるかもしれません。

それには
これまでのルールを変えてみることが
ヒントになりそうです。

 

自分が常識だとおもっていたことを
見直してみることや
働き方の自分ルールを疑ってみることも
自分を大事にすることになります。

周りに左右さえやすいのは
あなたが優しすぎるからで
そのこと自体は悪いことではないけれど、

水瓶座に冥王星が滞在する2023年までには
人に何を言われたり
どう思われても
わたしはわたしのままでいい、と
自分に優しくなれたらいいですね。

 

 

さてここで私ごとですが
平成を振り返ってみたいと思います。

平成元年は三番目の娘が生まれ
太陽と海王星がかさなり
わたしの潜在意識が現実化し始めていました。

平成3年は1回目のサタリタで
四番目の娘が生まれ遠方に住む母が乳がんになりました。

太陽に天王星が重なり
5ハウス蠍座月にはトランシットの冥王星がかさなり
もうわたし自身の変革が止められなかった頃。

平成7年
家出同然に嫁ぎ先を出たけど
2人の子供と引き離され知らない土地へ移住
辛い時期に般若心経をひたすら書く。

平成8年
猛勉強して大学はストレートで卒業し
社会福祉士の試験にも合格した。

平成10年は7年後の土星スクエアで
その頃はまだ少なかった離婚が成立し
家出して女手一つで子供を育てる毎日
働いて働いて働きまくった人生の始まりで
看護師をしながら大学に進学し新しい資格の取得もした。

 

平成13年はノードのリターンの頃で
アロマセラピーを学びはじめ新しい自分が始まり
病院では師長としてのご縁をいただきました。

平成15年から子供たちが非行に走り
昔のドラマの積み木崩しがそのままだった頃
ガリガリに痩せて死んでしまうのかと
毎日が霧の中にいるようだった。

辛かった
泣かない夜はないくらい
辛い日々だった。

 

平成 17年ごろからは土星オポジションで
看護師としての活動を病院だけではなく
在宅に興味を持ちはじめ
ケアマネをしたり
成年後見人を受任したり
訪問看護ステーションで管理者をしたりと
人生目的は充実でしたが、

家庭問題はさらに過去最高にひどい時で
警察に呼ばれることが度々で
生きている実感がなく
毎日疲れ果て死をもっと近くに感じていました。

 

平成20年ごろからはまた病院で働き出し
牡羊座が天王星がネイタル10ハウスに入ってからは
やんちゃをした子供は落ち着き
孫が生まれ
マンション購入し
スピリチャルに触れるようになり
天からのお告げでエサレンボディーワークを知ったり
生まれて初めての海外がマッサージの研修だったりと
人生を変える出来事が次々起こり、

 

そして
平成23年未曾有の大震災が東北で起こり
ボランティアをライフワークにする始まりで
精力的にいろんな施設にアロマボランティアで訪問した。

平成24年またまた土星スクエアで
もう管理職はしないと決めていたのに受けてしまい

平成25年仕事での理想の追求が裏目にでて
調だった職場を辞め
挫折し人生初の引きこもりを経験した頃は
冥王星が最初に太陽をノックした時だった。

 

平成26年
冥王星のノックを受けても諦めず
求められるまま管理職で再就職したけど
人格を否定されボロボロになり立ち直れず

逆光を繰り返した3度目の冥王星のノックで
わたしの太陽は完全に傷つき方向性を失い

平成27年には土星はネイタル6ハウスに入り
疲弊したわたしは本格的に退職し
在宅生活での無職の生活を始めることになる。

 

平成28年には牡羊座は11ハウスに入り
震災ボランティアでの熊本滞在や
エサレンマッサージでのハワイ島研修を通じ
人間関係が変化し
自宅を拠点にボランティアナースの会や
マッサージサロンを開くことになる。

平成29年星読みを本格的に習いはじめ
リロケーションでシャスタが心のふるさとだと知り
サンフランシスコの友人の好意で滞在が実現する。

 

平成30年水星に冥王星がコンジャンクションを始め
集中力半端なく
星読みの勉強に昼夜問わず励むことになり
11ハウス天王星ネイタル天王星とトラインで
仲間が未来のビジョンをたくさん持ち込んでくれた。

 

この頃からMCに海王星がかさなったので
肩書きはいろいろできるとも読めるし
憧れや理想の仕事を求めるなら
目に見えないものを感じ取る力が
満足感を得る理想な地位で成功できるとも読める。

 

そして平成31年
2度目のサタリタを迎える時期に来て
山羊座に土星と冥王星が滞在するこの時期
山羊座の太陽を生かす時がやって来たのです‼︎

令和になってすぐのタイミングで
新天地へ進みます。

わたしの居場所で
わたしの理想を構築するために
太陽を輝かせる覚悟をもって
平成を締めくくりたいです。

不安だけど
ゴロゴロ寝ている生活が楽だったけど
朝起きれるかのが心配だけど
人間関係のトラウマあるけれど
やらないといけない
土星が戻ってくるからね。

 

 

願いは叶い
星読み仲間との星の研究会
ほしlaboを開催中です。
第2階目の写真です。

そして今は
令和になって二週間後に就職するまで
串本に滞在中です。

何もない
自然だけのこの土地で
宇宙の神秘と可能性を
感じ取っているところです。

 

どんなに辛い日々があっても
明けない夜はない

人には言えない深い心の傷が
あるからこそ
人はひとにやさしくできる。

そして
破壊されたとしても
必ず再生すると
身を以て実感した平成の30年でした。

明日からも
きっと
可能性が広がる未来がある。

 

ひさびさのブログで長文
最後までお読みいただきありがとうございました。