大阪 アロマ占星術

プロフィール

Q1.今のお仕事をはじめたきっかけ

私は、ナースには色々な形があっていいと思っています。自分の思いとは裏腹な、疲弊する環境で働くことはもう卒業しました。これからは星読みアロマができるナースとしてゆったりとした環境で、癒しをテーマにご縁のある皆さまの道しるべになりたいと願っています。

Q2.ともみさんにとっての星読みとは

私はナース時代に味わった挫折から、社会の中で置いてきぼりになった自分を感じていました。再び前を向いていくために、自分の中の奥深くを知ることが必要だと思い、ホロスコープを穴があくほど読みました。今では私にはなくてはならない手引書であり癒しを人さまに提供する大切なツールです。

Q3.占星術との出会いは

もともと私は占いが好きで、四柱推命や手相の鑑定に通っていましたが、仕事では、患者さんを通して身体と心と魂について深く考えるようになったんです。患者さんを癒す目的でアロマやスピリチャルマッサージを導入するようになり、勉強を続けていく過程で星読みというツールがつながっていることに辿り着きました。

 

Q4.アロマを融合させる理由は

何千年も前のお医者さんは星と心の関係を知っていました。そして現代のホリスティック医療で精油の持つ性質が、その星と心の関係にリンクしていることがわかりました。植物も天体も宇宙の恵みということなのです。

Q5.なぜナースさんを応援されるのでしょう

私自身がナースとして働いていた頃、私の心と身体は悲鳴をあげていました。ナースが癒やされなければ患者さんに良い看護はできないとは分かっていても、どう癒せばいいかもわからず、子育てがあればなおのこと、疲労は増すばかりでした。過去の私と同じように今も頑張り続けているナースの皆さんに、アロマ占星術を通して少しでも癒しのお手伝いができればと願っています。

Q6.ナースのキャリアを教えてください

最初の18年間は外科病棟と、集中治療室に勤務していました。その後別の病院で特別室病棟の病棟師長6年、一般病棟師長2年、訪問看護ステーション所長を3年経験しました。その後の6年間は、ナースをしながらケアマネや、老健のソーシャルワーカーも兼務しました。また、2000年から現在まで市役所の介護認定審査会に携わっています。私生活では全国訪問ボランティアアースの会で東大阪支部を立ち上げて震災ナースとして活動しています。病院以外では、大学の看護学生に実習指導の経験をしました。専門分野はがん看護です。

 

Q7.ナース時代、一番つらかったことは

急性期での20年で壮絶な死の場面にたくさん立ち合いました。特に若い人の闘病や壮絶な死に多く直面したことが辛かった思い出です。でもそのことは私が人を癒す仕事がしたいと思うようになった原点だと思います。

Q8.ナース時代、一番楽しかったことは

病院にアロマセラピーを導入し、緩和ケアや認知症の患者さんへ、ボランティアでアロママッサージができたことです。アロマの香りで、心がほんわり暖かになり癒された患者さんの顔が忘れられないです。

 

 

Q9.ともみさんの得意なアプローチ法は

ナース時代で培った洞察力やコミュニケーションスキルを使い、赤ちゃんからお年寄り、健常者から障がい者まで抵抗なく関わることができます。呼ばれたら身軽な身体ですので交通費をいただけるならどこでも行きます。

Q10.ともみさんがクライアントさんにしてあげられること

ナースとしてもそうですが、私は人の心の深いところを感じとることが得意です。心の裏側や本音に寄り添い、あなたが今悩んでいることや問題にきちんと取り組めるように、実生活に役立つメッセージを星を通して伝えます。人を癒すことが私の使命で、星読みとアロマが人生の道しるべになると実感してからは、1人でも多くのナースの心を癒すお手伝いができればと願っています。

Q11.ともみさんの将来の夢

おなじ思いの方々と協働して、ナースが悩みを相談できる場所を作りたいです。ふらっと立ち寄ってもいいし、宿泊もできる心身を癒すリトリートセンターが夢です。そこで私は星読みカウンセラーとしてこころと身体に寄り添ったお手伝いがしたいです。

 

 

もう少しわたしのことを知っていただける方は
こちらをお読みください。

関連記事

最近の記事

おすすめ記事

ご予約フォーム

ブログランキング参加中です。


にほんブログ村
 

ランキング参加中です。

 

ポチッとしていただけると

 

励みになりうれしいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

星読みナース ともみです。

プロフィールはこちらから

どうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP