入浴剤の作り方

バスオイルでの入浴剤

 

精油は、水に溶けにくいという性質があります。

そのため、お風呂に直接精油をたらすと、

精油はお湯に混ざることなく表面に浮いた状態になります。

そのまま入浴すると

お肌に精油の原液がついてしまい

肌が赤くなったり、かゆみ、ピリピリするといった

肌トラブルが起こる可能性があります。

 

乳化剤には水と油のように本来混じり合わないものを

混合する働きがあります。

これを使うことで精油をお湯に完全に溶かすことができます。

 

私はKENSO(ケンソー)のバスオイルを長年使用しており

安全性が高い天然由来成分でお肌にやさしく

お勧めです。

精油が売ってあるショップや

ネット通販で購入できます。

バスオイル5mlに精油3~5滴で

好みもあると思いますが

敏感肌の人は精油を少なめから始め

様子みながら使用することをおすすめします。